Genx Beats Crypto Japan

仮装通貨でヒップホップやラップビートを購入

ビットコインキャッシュネットワーク上での「コンファメーション」とは?

by

in

ビットコインキャッシュBitcoin Cash)は、元々ビットコインの一部として機能していたものが、2017年に発生したハードフォーク(分裂)を経て新たに生まれた暗号通貨です。今日は、このビットコインキャッシュネットワーク上での重要な要素である「コンファメーション(確認)」について解説します。

まず、基本的な概念から見ていきましょう。「コンファメーション」とは、取引がブロックチェーンに永久的に記録され、その有効性がネットワーク全体によって確認されることを指します。これは、ビットコインキャッシュだけでなく、ビットコインを含むすべてのブロックチェーンベースの暗号通貨で重要なプロセスです。

ビットコインキャッシュでの取引を例に取ると、あなたが他人にビットコインキャッシュを送金すると、その取引はまず「未確認」の状態になります。この時点では、取引はネットワーク上にブロードキャストされ、マイナーによって次のブロックに含まれることを待つ状態となります。

マイナーは未確認の取引を集め、それらを含む新しいブロックを生成し、そのブロックをブロックチェーンに追加します。新しいブロックがブロックチェーンに追加されると、その中に含まれていたすべての未確認取引は「1回のコンファメーション」を受けたことになります。

その後、新しいブロックが生成されてブロックチェーンに追加されるたびに、以前に1回のコンファメーションを受けた取引はさらにコンファメーションが加算されていきます。つまり、2つ目のブロックが追加されると、取引は2回のコンファメーションを受けたことになり、これが繰り返されます。コンファメーションが増えるほど、取引が無効になる可能性は低くなります。そのため、大きな金額の取引の場合、安全性を確保するために複数回のコンファメーションを待つことが一般的です。

ビットコインキャッシュのブロック生成時間は平均で10分であり、ビットコインと同じです。しかし、ビットコインキャッシュは元々ビットコインのブロックサイズ制限を増やす目的で作られたため、ブロックあたりの取引の数が多くなる可能性があります。

コンファメーションの理解は、ブロックチェーン技術やビットコインキャッシュの動作原理を理解する上で必要不可欠な要素です。取引の安全性を確保し、二重支払いを防ぐために、ブロックチェーンネットワークはこのような確認プロセスを必要とします。ブロックチェーンが分散型で公開された台帳であるため、各取引が適切に確認され、記録されることが不可欠です。

この記事を読んで、ビットコインキャッシュの「コンファメーション」について理解が深まったことでしょう。これは、ブロックチェーンの信頼性とセキュリティを保証するための重要なステップであり、ビットコインキャッシュや他のブロックチェーンネットワークでの取引を理解するための基本的な要素です。