Genx Beats Crypto Japan

仮装通貨でヒップホップやラップビートを購入

TRC20

TRC20トークンは、Tronブロックチェーン内でイーサリアムと同じように、ユーザーが作成/発行することができるDapp(分散アプリケーション)通貨のことですが、TRC10トークンと違って、スマートコントラクトが使えるため、追加機能とカスタマイズの拡張性がある代わりに複雑さが増します。

また、TRC20トークンは、イーサリアムのERC20トークンと完全に互換性があります。

つまり、TRC20トークンはイーサリアムベースのスマートコントラクトで使用でき、開発者はイーサリアムベースのスマートコントラクトを必要に応じてTronに転送したりできます。

TRC10対TRC20

簡単なトークン作成(TRC10)とネイティブスマートコントラクト機能(TRC20)のほかに、2種類のトークンにはいくつかの重要な重要な違いがあります。

・TRC10はAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)を介してアクセス可能です

・TRC10の取引手数料はTRC20の1/1000ですが、API転送と入金の帯域幅コストがあります 。

・TRC10は、スマートコントラクトへの転送と入金にBandwidth(帯域幅)とEnergy(エネルギー)を使います 。

注記:ユーザーは帯域幅を使用してTronトランザクションを実行でき、エネルギーを使用するとTronスマートコントラクトを処理できます。

これらのタスクを実行するためにGasEthereumのネットワークでいう手数料としてかかってくるETHのこと)を支払う代わりに、ユーザーはウォレット内のTRXトークンを凍結またはロックし、帯域幅とエネルギーを生成します。