Genx Beats Crypto Japan

仮装通貨でヒップホップやラップビートを購入

TRC10

TRC10トークンは、Tronブロックチェーン内でイーサリアムと同じように、ユーザーが作成/発行することができるDapp(分散アプリケーション)通貨のことです。

TronベースのトークンのほとんどはTRC10トークンです。なぜなら、作成が非常に簡単だからです。

TRC10トークンの発行が容易なため、TRC10は、開発に多額の費用を費やす必要がありません。

例としては、TRC10は、BitTorrent Token(BTT)などの注目度の高いプロジェクトで使用されています。

TRC10対TRC20

簡単なトークン作成(TRC10)とネイティブスマートコントラクト機能(TRC20)のほかに、2種類のトークンにはいくつかの重要な重要な違いがあります。

・TRC10はAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)を介してアクセス可能です

・TRC10の取引手数料はTRC20の1/1000ですが、API転送と入金の帯域幅コストがあります 。

・TRC10は、スマートコントラクトへの転送と入金にBandwidth(帯域幅)とEnergy(エネルギー)を使います 。

注記:ユーザーは帯域幅を使用してTronトランザクションを実行でき、エネルギーを使用するとTronスマートコントラクトを処理できます。

これらのタスクを実行するためにGasEthereumのネットワークでいう手数料としてかかってくるETHのこと)を支払う代わりに、ユーザーはウォレット内のTRXトークンを凍結またはロックし、帯域幅とエネルギーを生成します。