Genx Beats Crypto Japan

仮装通貨でヒップホップやラップビートを購入

Proof of History [PoH]

「Proof of History(PoH)」とは、ブロックチェーン技術におけるコンセプトの一つで、特にSolanaブロックチェーンによって導入されました。この技術は、イベントが特定の時点で発生したことを証明する歴史的記録を作成するために使用されます。これはProof of WorkPoW)やProof of StakePoS)などの他のブロックチェーンのコンセンサスメカニズムとは異なり、イベントの発生順序に合意するために使用されます。

PoHの動作は以下の通りです:

  1. トランザクションのタイムスタンプ: PoHは、トランザクションやイベントが発生した時点を記録する歴史的記録を作成するのに役立ちます。それ自体はコンセンサスメカニズムではありませんが、Proof of Stakeのような他のコンセンサスアルゴリズムと併用されます。
  2. シーケンシャルハッシング: PoHの核心は連続的なハッシュアルゴリズムです。Solanaでは、ハッシュ関数の出力を次のハッシュの入力として使用します。このプロセスは連続して高頻度で行われます。これにより、各ハッシュが前のハッシュの完了に依存しているため、タイムスタンプ付きのイベントの検証可能なシーケンスが作成されます。
  3. 検証可能な遅延機能: 連続的なハッシングは検証可能な遅延機能(VDF)として機能します。これにより、2つのハッシュの間に一定量の時間が経過したことが保証されます。これはシーケンスの完全性を維持し、記録されたイベントが主張された順序で発生したことを保証するために重要です。
  4. ブロードキャストへの依存減少: 伝統的なブロックチェーンシステムでは、トランザクションの正確なタイミングをコンセンサスラウンドのリーダーが与えるタイムスタンプなしで証明するのは難しいです。PoHは、特定の時点でトランザクションがシーケンスにハッシュされたことを、すぐに全ネットワークにこの情報をブロードキャストする必要なく、検証する方法を提供します。
  5. 効率性とスケーラビリティ: PoHを組み込むことで、Solanaはそのネットワークの効率とスケーラビリティを向上させることを目指しています。このアプローチにより、イベントの時間と順序についての合意に必要なコミュニケーションを最小限に抑えることができるため、PoHを使用しないブロックチェーンよりも高速で多くのトランザクションを処理することが可能です。
  6. 信頼できる時計: 効果的に、PoHは分散化された時計のような歴史的記録を作成し、ネットワークのノードが他の参加者を信用することなく、イベントの時間と順序を検証できるようにします。

PoHは、時間に関する合意がイベントの順序付けとコンセンサスに到達する上で重要な要素であるため、「ビザンチン将軍の問題」として知られる分散システムの基本的な問題に対処する方法を提供する点で特に注目されています。しかし、PoHは処理能力と実装の複雑さに関する課題を含め、高頻度の検証可能な遅延機能を実行するためのハードウェア要件による中央集権化の可能性など、チャレンジもあります。