Genx Beats Crypto Japan

仮装通貨でヒップホップやラップビートを購入

LTC20

LTC-20規格は、提案された供給量が8400万のLitecoin Ordinals Protocols上で開発されている実験的なプロトコルです。この規格はBRC-20規格に似ており、これはOrdinalsとインスクリプションを組み合わせてビットコインの基本チェーンに保存されるトークンモデルを表しています。この取り組みを主導しているグループ、Litecoin Punksは、最初のLTC-20トークンの約20%がミントされ、各パンク所有者に4000をinscribeしたと報告しています。

この開発の影響はまだ不確定ですが、Litecoinコミュニティはそれについて熱心に見ています。LTC-20の実験は、Litecoinブロックチェーン上での可能性を探る方法と見なされています。目的は、LTC-20トークンをデプロイし、一定量を鋳造し、いくつかのトークンを転送することです。