Genx Beats Crypto Japan

仮装通貨でヒップホップやラップビートを購入

ERC20

ERC-20は、2015年にFabian Vogelstellerが提案したEthereumブロックチェーン上でトークンを作成するための技術標準です。これは、開発者が自分たちのトークンを作成する際に従うべき一連のルールと関数を提供し、異なるトークン間の相互運用性を可能にし、Ethereumベースの分散型取引所での容易な交換を実現します。

この標準を使用して作成されたERC-20トークンは、デジタルトークンであり、ユーティリティトークン、セキュリティトークン、ステーブルコインなど、さまざまな資産を表現します。これらは代替可能であり、つまり、各トークンは同じタイプと価値の別のトークンと交換可能です。

ERC-20は、トークンを作成するための6つの必須関数(totalSupply, balanceOf, transfer, approve, transferFrom, allowance)と3つの任意の関数(name, symbol, decimals)を定義します。開発者はまた、トークン契約にカスタム関数と機能を追加することもできます。

その人気にもかかわらず、ERC-20標準にはいくつかの欠点があります。より複雑な機能に対する柔軟性が欠けており、Ethereumネットワークのセキュリティの脆弱性を受け継ぎ、すべての取引にガス料金が発生します。さらに、すべての暗号通貨取引所がERC-20トークンをサポートしているわけではなく、ガバナンスや透明性に問題があることもあります。

Ethereumのエコシステムでは、ガスは取引や契約を実行するために必要な料金を指します。これはether暗号通貨(ETH)の一部として価格設定され、実際の価格はマイナーとネットワークユーザー間の供給と需要によって決定されます。

ERC-20トークンは、セキュアで、カスタマイズ可能で、透明性があり、また高い流動性を提供します。MyEtherWallet、MetaMask、Remixなどのツールとプラットフォームを使用すると、その作成と管理が容易になり、ブロックチェーンエコシステム内でのイノベーションを奨励します。しかしながら、標準は機能の制限、セキュリティの脆弱性、取引コストの変動、一部の取引所での受け入れ制限といった問題をもたらす可能性があります。