Genx Beats Crypto Japan

仮装通貨でヒップホップやラップビートを購入

BRC20

BRC-20は、イーサリアムの人気のあるERC-20規格にインスパイアされ、2023年3月に匿名ユーザー「Domo」によって立ち上げられた、ビットコインブロックチェーンに基づくトークン規格です。

これにより、ユーザーはOrdinalsプロトコルを介してfungibleな資産を取引できるようになります。

このプロトコルでは、ビットコインのごく小さな部分にデータを記録するために、サトシが使用されます。

BRC-20トークンは、Ordinalsとは異なりfungibleであり、Ordinalsはnon-fungibleです。立ち上げ以来、BRC-20トークンの時価総額は1億5,900万ドルを超えており、Pepe Coin(PEPE)の人気が大きな原動力となっています。

BRC-20トークンはERC-20トークンとは異なり、異なるブロックチェーンに基づいており、異なるコンセンサス・メカニズム(ビットコインはプルーフ・オブ・ワークでイーサリアムのプルーフ・オブ・ステーク)を使用しており、スマートコントラクトを使用していません。

現在、ERC-20トークンはより広いサポートと多様性を持っていますが、規格が普及すればBRC-20の採用も増えるかもしれません。

BRC-20規格は、ビットコインを変え、DeFi業界で他の人気のある規格(ERC-20やBEP-20)と競合する可能性があります。