Genx Beats Crypto Japan

仮装通貨でヒップホップやラップビートを購入

Apeing

Apeing(エイピング)とは、DD(適切なリサーチ)を行わずに新しく立ち上がった暗号通貨トークンを購入する行為で、利益を逃すことへの恐怖心に駆られて行われます。

この言葉は、2020年の「DeFiサマー」において、トークンプロジェクトの立ち上げ直後に購入した一部のトレーダーが大きな利益を上げたことから生まれました。

この「危なげ」な投資アプローチは、成功の話がソーシャルメディアで広がることで人気が出て、新しいプロジェクトへの資金調達を求めるトレーダーが増えました。